安吉 Yibo 家具株式会社

市場・顧客を満たすために最高の製品を必要とする!

細部に注意を払うときスツール バーを購入
- Nov 18, 2016 -

椅子の深さ:
一般的より多くの公式行事、座る人のより直接、場合にホームが位置の前方より浅いの椅子に座って、夏があるに座っていた状況のリラックス深い、全体の人々 の中でソファにようであります。銭を参照することができます最初に座った土を購入として市全体の色合いを感じる体を座席にそれをかどうか知ることができる必要性の両方のパブリック プライベート。
手すりの高さ:
装着されると、手の理不尽な垂直男を配置する使用した場合、低のアームレストや、椅子の肘掛はありませんを選択したい場合がありますが、もしボク #39; 日時、アームレストの高い椅子の間に身を寄せ合って全体の人々 を好きなタイプ。深い椅子席はおそらくあなたのための最良の選択です。
シートの高さ:
ようなことができますを除いて、人の座って手すりなし] を選択します。腰の人入れて重力の人が席外も選択低い手すりと椅子の背面が低いスツール、裏場合のような重力のバックなどに入れて後ろに香の言葉に頼る、椅子の背高を選択したい場合がありますでも見ることができます背の高さかどうか近く首を時々 高さにより戻す Shang、角度の 90 度首が人の習慣的な使用して、代わりに、椅子の近くの首でそう簡単に来る代わりに傷つけるの首を引き起こされます。
椅子の傾き:
背もたれ椅子 90 度が埋め込まれているようで印象が、実は個人 #39 を行うことができます椅子のほとんどが上記の 90 度傾き、少し; s の重心は少し戻って、椅子に座って、全体安全。大きな椅子のレクリエーション機能を傾けるより、人 andquot; layandquot; に見える椅子。
椅子の柔らかさ。
メモかどうか家具製造販売業と背もたれの柔らかさ快適、クッションを接続されていない場合。パッド入り背面椅子、直接材料ライト バー、KTV、リズム、ファッションから優しい色のリズム。ちょうど右のミックス。適切に、椅子を使用して、さまざまな視覚効果を作成する別の空間で異なる機能を実行できます。